ベビー用品のことならcombi(コンビ)≫

《ウォーターサーバーの選び方》失敗しない上手なサーバー選び

《ウォーターサーバーの選び方》失敗しない上手なサーバー選び 家計や生活
この記事は約4分で読めます。

《ウォーターサーバーの選び方》失敗しない上手なサーバー選び

ウォーターサーバーを検討しているけど、どれが良いのか分からない。

今回はそんなウォーターサーバーを検討している方に、失敗しないウォーターサーバーの選び方を記事にまとめました。

おすすめウォーターサーバーはこちら

失敗しないウォーターサーバーの選び方

最近は、ウォーターサーバーの種類やお水の種類など、各メーカーでの取り扱いが豊富になりました。

ウォーターサーバーを検討している方も、どのサーバーを選べばいいのか分からないと思います。

ウォーターサーバーを選ぶときは

・美味しくて安全なお水なのか?
・月々の支払いはいくらなのか?
・ウォーターサーバーのボトルは回収か?使い切りか?
・サーバーのデザイン、見た目はおしゃれか

最低限この点はしっかり押さえた上でウォーターサーバーを検討しましょう。(赤ちゃんのミルク作りでウォーターサーバーを検討中の方は、後ほど必要な機能を紹介します。)

美味しくて安全な水なのか?

ウォーターサーバーを選ぶ際に重要なのが、何よりも美味しい水を飲みたいですよね。

一般的に美味しいと感じる水は、ミネラル成分が豊富な、味のある水が美味しいと感じると思います。

また日本人の味覚には、高度の低い軟水が美味しいと感じるようです。

ウォーターサーバーは、各メーカー全てが厳しい検査基準をクリアして宅配しています。

また赤ちゃんにはミネラル成分が豊富に含まれた水だと身体に負担がかかってしまうことも考えられるので、赤ちゃんにはミネラル成分の少ない軟水やRO水を選ぶ必要があります。

月々の支払いはいくらなのか?

ウォーターサーバー本体が無料なメーカーは数多くあります。

その場合はボトル代が毎月の支払いになります。

その他にかかる費用には、配送料、メンテナンス代、ウォーターサーバーの電気代がかかります。

メンテナンス費用は、各メーカー有料・無料と有ります。サーバーによってはメンテナンス不要のサーバーもあります。

おすすめウォーターサーバーはこちら

ウォーターサーバーのボトルは回収か?使い切りか?

ウォーターサーバーのボトルは、ワンウェイタイプ(使い切り)とリターナブルタイプ(回収)のボトルと有ります。

ワンウェイタイプ(使い切り)とは

ボトルの水が空になると折りたたんで捨てることができます。ボトルの保管場所を確保しなくても大丈夫です。

リターナブルタイプ(回収)とは

ボトルの水が空になると、次回配達の時にボトルを回収する必要があります。

ですので空になったボトルは保管しておかないといけません。

またリターナブルタイプの場合、空気がボトル内に入ることで水が出る仕組みになっているので、ボトル内の水の鮮度を落とす原因になることがあります。

もちろん衛生管理はしっかりしていますので、あまり気にすることはないかもしれません。

サーバーのデザイン 見た目はおしゃれか

最近はお洒落なウォーターサーバーがたくさん有ります。

自宅のインテリアになるようなデザインのウォーターサーバーや、小さな卓上型のウォーターサーバー、有名キャラクター(リラックマやワンピースなど)のウォーターサーバー、有名ブランドのウォーターサーバーなど色々な種類があります。

またウォーターサーバーの機能面では消費電力を抑える省エネ構造のサーバーやオートクリーン機能が搭載しているサーバーもあります。

赤ちゃんのミルク作り ウォーターサーバーの選び方

赤ちゃんのミルク作りは、下記の項目を考えて選びましょう。

ミネラル成分の少ない水

ミネラル成分の多い水は、赤ちゃんのカラダに負担がかかってしまいます。ウォーターサーバーも軟水・RO水を選びましょう。

チャイルドロック機能

子どもがウォーターサーバーを倒したり、誤ってお湯を出してしまうなど、やけどを防ぐために、チャイルドロックの仕組み・仕様もしっかりチェックしましょう。

片手でも水を出せる

子育て中は何かと赤ちゃんを抱きかかえながらミルク作りをすることもあると思うので、片手のふさがった状態でウォーターサーバーが使えるかチェックしましょう。

70~75℃に温度調整できる

赤ちゃんのミルクは70~75℃に温度調整が必要です。温度調整できるウォーターサーバーはとても便利です。

簡単にボトル交換できる

ボトルは持ち上げるのにチカラが必要です。下置きタイプや軽量パックで利用できるサーバーは交換がラクです。

↓赤ちゃんのミルク作りについてこちらにも記事をまとめています。↓

ウォーターサーバーの選び方 まとめ

最近はお水の種類を選べるメーカーが増えています。

人それぞれ美味しいと感じる基準は異なります。

採水地、ミネラル成分、味、硬さなど様々です。

家族の好みや気分によって色々試してみましょう。

各メーカー、お試しでウォーターサーバーを設置できるところや、乗り換えキャンペーンを行っているメーカーも多いのでぜひ色々試してみてください。

おすすめウォーターサーバーはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました