ベビー用品のことならcombi(コンビ)≫

学資保険を解約したい!解約する前にできる対処方法をご紹介

子どもの学費が心配...将来のことを考える。保険を使った解決方法をご紹介 家計や生活
この記事は約3分で読めます。

学資保険を解約したい!解約する前にできる対処方法をご紹介

学資保険を解約したい!解約する前にできる対処方法をご紹介

学資保険の支払いが大変!解約しないで続ける方法はないのかな?

今回はそんな悩みを解消できる対処方法をブログ記事にまとめました。

学資保険は解約しても大丈夫なのか?

学資保険の支払いが大変!解約せずに続けられる方法はないのか?

解約する前に確認すること

子どもの教育費の積み立てで考えた学資保険、何となく加入したものの、毎月の保険料が負担になってきた、利率もあまりよくない。

言われるがままに加入をして後悔している。そして元本割れ…

そんな声をチラホラ聞きます。

ただ、解約する前にできる対処方法がいくつかあります。

ですので、それを見てから解約するのかどうするのかを考えましょう。

学資保険を解約したい!解約以外の方法

学資保険を解約したい!解約する前にできる対処方法をご紹介

・契約者貸付を活用してお金を借りる
・学資保険の一部を解約
・学資保険の特約を解約
・払い済み保険にする

契約者貸付を活用してお金を借りる

生命保険は学資保険に限らず貸付けを受けることができます。

借りれるお金は、保険会社によりますが、解約返戻金の70〜90%に設定されています。

利息は2%〜6%になります。(加入時の利率が適用されます。)

返済期限は定められていません、保険会社から催促されることもありません。知らないうちに利息が膨らんでしまうこともあります。

ですので、学資保険の貸付けは、一時的な対処法として活用するようにしましょう。

学資保険の一部を解約

例えば月3万円から2万円に一部解約することができます。

そうすれば全て解約しなくても学資保険を残すことができます。

解約した部分は解約返戻金が戻ります。

ただ、保険会社によって保険料が、5000円〜7000円以下の場合は一部解約は、できないこともあります。

学資保険の特約を外す

そこまで保険料を下げることはできませんが、学資保険についている医療保障を外せば、月々の保険料は安くなります。

払い済み保険にする

1番のおすすめは払い済み保険にすることです。

保険会社によっては、できない保険会社もあるので注意が必要ですが、学資保険自体は解約しなくて大丈夫です。

払い込みをストップするだけですので、学資保険の契約自体は続きます。

そして解約返戻金は払い済み後も増えていきます。

満期がきたら払い済み時点の解約返戻金よりも、多く満期金を受けられるので、すぐに解約するよりお得です。

より返戻率の高い教育費の積み立てをする

学資保険を解約したい!解約する前にできる対処方法をご紹介

お客様の相談内容で多いのが、とりあえず学資保険に加入したけど、戻り(利率)が悪いことを知り、もっと良い積み立てに切り替えたくなったというものです。

学資保険の対処方法 まずやることは?

学資保険の解約を考えた場合、まずやることは学資保険の解約返戻金を確認することです。

そして解約することで発生する損失と他に切り替えることで、どれくらい増えるのかを比べて有利な方を選びましょう。

教育費の積み立てはいくら必要なのかをまとめた記事もあります。

ぜひ参考にご覧ください。

学資保険を解約する前に行える対処法 まとめ

学資保険を解約したい!解約する前にできる対処方法をご紹介

改めて学資保険を解約せずに続けられる方法をお伝えします。

・契約者貸付を活用してお金を借りる
・学資保険の一部解約
・学資保険の特約の解約
・払い済み保険にする

最近は、子どもの教育費の積み立てでよく利用されているのは、ドル建ての終身保険です。

保険金や解約返戻金の原資は、米ドルで運用され積み立てられます。

戻りを見ても学資保険より高い戻りが期待できます。

次回、ドル建ての終身保険の記事もまとめたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました